あの日から一年です

改めて震災でなくなられた方々のご冥福をお祈りいたします

本日未曾有の大震災から一年ということで
一年間全く行くことができなかった
仙台市の荒浜地区へ行ってきましたが
ここは、私たちの職場の駅伝部が常に練習で使っていた場所で
その町並みも本当に好きだったので
思い入れも他とは全く違うものでした

すべてが無くなってしまった住宅地域に設けられた
慰霊碑に手を合わせてから
いつも練習に使っていた場所をみてきました


画像


画像


画像


いつも走っていた道路も
やわらかい土のコースも
日を遮ってくれていた松林も無くなっていて
近くの住宅地がすべて無くなった景色など
この変わり果てた練習場所を見て
本当に涙が出そうになるのを
必死にこらえながら帰宅しました

またいつか
この荒浜地区でみんなが笑って過ごしていける日がくることを
祈りたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年03月11日 23:54
 正直言って、なんとコメントして良いのか、戸惑い気味です。今日は、大震災から1年目で、テレビ等でも、震災で、亡くなられた方々の、追悼式や津波の映像等の特集が組まれておりました。1年経っても、まだ手付かずの場所が、沢山あるのですね。それほど、被害が大きかったのだと思います。
 できる事を、少しづつでもやって行くより、仕方ないのかもしれません。いつか来る未来のために…
 頑張りましょう。頑張ってくださいね。
バサパパ
2012年03月12日 11:08
◇藍上雄さん
コメントありがとうございます。
私たち仙台市民でも実際に被災した方々へ
どんな言葉をかければいいのか分かりません。
ただ、応援してあげることしかできないような気がします。
今福島の瓦礫受け入れの件で、各県が猛反対している映像をテレビで観ますが
私は凄く寂しく思います。
これからも東北はみんなで力を合わせて、
とにかく一歩一歩前進していくしかないと思います。
2012年03月12日 16:05
震災から1年
早いものですね
ガレキの処分1年経っても山積みですものね
原発の事故さえなければ、多分もっともっと早かったんでしょうけど・・・
それでも朝の来ない夜はない
長く険しい復興への道のりを乗り越えて欲しいものです・・
2012年03月13日 00:36
東日本大震災もあれから1年が経ちましたが、いつか元通りの景色に戻れる事を祈るばかりです。
2012年03月13日 18:40
1年が経ちましたね。
被害に合われた方たちには、どんな言葉もふさわしくないのかもしれませんね。
私は小さな力ですがいつまでも忘れないで協力していきたいと思っています。
バサパパさんが無事でいてくれて、よかったな~と、しみじみ思います。
バサパパ
2012年03月18日 10:34
◇風子さん
原発事故は予想されなかったことでした
警戒区域の方が全く手付かずのままらしいので
そこに住んでいた方たちが気の毒でなりません

しかし、風子さんが仰るとおり
いつかは乗り越えられる日が来ますから
諦めないでほしいです
バサパパ
2012年03月18日 10:37
◇中日・楽天 日本一さん
元の景色とは行かなくても
みんなが前と同じように生活して
笑って生活できる日が来ることを願うばかりです。
今月プロ野球が開幕します!
中日・楽天 日本一さんも、またKスタへいらしてくださいね!!
バサパパ
2012年03月18日 10:39
◇ひろりんさん
ありがとうございます!
今でもあの時この海岸線で練習をしていたらと思うとゾッとします。

東北以外の方々が被災地のことを忘れずにいてくれるだけで、私は本当に嬉しく思います。
これからも頑張れそうです!
2012年03月21日 02:06
一日も早く元の姿に…そう祈らずにいられません…
こちらからはエールを送るくらいしかできませんが、一生懸命送り続けますネ!
2012年03月22日 14:04
私も3.11は日帰りで仙台にもどり、無事だった両親と過ごしてきました。
荒浜から仙台空港、亘理の方も回ってきました。大勢が亡くなっている場所なのに、そういった怖さすら感じないほど、なんにも無くなってしまった。
絶望的な気持ちになりそうですが、頑張るしかないですね。
2012年03月23日 00:22
ニュースなどで、復興とか
頑張ろうとか絆とかいう言葉に
辟易して、押しつぶされそうに
なっている方々もいることを
知りました。
当たり前の、ありきたりの、
普通の生活を送ることの
大切さを身に染みています。
2012年04月03日 14:34
もう一年…まだ一年…
いろんな思いがおありでしょう。
言葉にできなくて,なかなかコメントできずにいました。
みんなが笑って過ごしていける日が一日も早くくることを切にお祈りいたします。
バサパパ
2012年04月14日 13:32
◇彩季堂さん
遅くなりました
ちょうど一ヶ月たちましたが
仙台に帰省されていたんですね

あの災害の傷は癒されたわけではありませんが
がんばりましょう。
バサパパ
2012年04月14日 13:34
◇にゃすけさん
ありがとうございます!
にゃすけさんからはずっと応援してもらってますが
本当に励みになります。
東北の復興のために私たちは諦めずに頑張ります!!
バサパパ
2012年04月14日 13:39
◇えび天さん
たしかに、がんばろう、絆
という言葉を簡単に言われているような気がします。
本当に大変な被災地の方々が今どんな気持ちで
どんな生活をされているか
考えてみると、その使う言葉の重さを感じることができると思うのですが

ちょうど13ヶ月経ち、あの頃の辛い生活を語り合ったりしていましたが、今のこの、ごく普通の生活が、なんて幸せなことだろう
と改めて感じています。
バサパパ
2012年04月14日 13:42
◇まゆみさん
コメントありがとうございます

こういう記事に対してのコメントは
悩みますよね

被災地の皆さんが笑って過ごせる日
私も祈ります

この記事へのトラックバック